Apple Thunderbolt Display は自分で直せる

DIY-その他

2016年に製造終了したApple Thunderbolt Display 27インチ

先日、2012年製のApple Thunderbolt Display 27インチ(MC914J/B)の画面が真っ暗になり、電源が入らなくなりました。

当時、8万円もした、このサンダーボルトディスプレイ。

たったの10年で壊れてしまっては、元が取れませんよね。

調べてみると、その多くは内部ケーブルを交換することで直るようです。

修理に必要な保守パーツは、2,000円前後で入手できます。※2022年2月時点

是非あなたも諦める前に、DIYで修理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

実際にやってみると、とても簡単です。

また、2,000円前後の投資なら、もし直らなくても諦めがつくはずです。

修理に出すととにかく高い

メーカーのAppleに修理に出すと、一律 57,750

良心的な修理事業者さんでも、一律 34,800

とにかく高いです。

この修理費を支払うなら、27インチの新しい4Kディスプレイ買えちゃいますよね。

もちろん、お金持ちの方は、迷わずメーカーに修理に出してください。

私はお金持ちではないので、自分で直すことにしました。

保守パーツを入手する

保守パーツはネットで、1,800~2,000円前後でした。※2022年2月20日時点

保守パーツは故障に備え、入手が可能なうちに入手しておきましょう。

また、修理作業に入る前に、マルチビット精密ドライバーを用意しておくと便利です。

※今回使うドライバーは、T3とT6です。

ディスプレイを分解してケーブルを交換

さっそく、ディスプレイを分解しましょう。

iMacもそうなのですが、アップル製品のディスプレイのアクリルパネルは、総じてマグネットで張り付いているだけです。

アクリルパネルに吸盤を付けて引っ張ると、簡単に外れます。

ここで、ドライバーセットを準備します。

アクリルパネルを外したら、T6ドライバーで、このように12か所のネジを外します。

ネジをすべて外したら、ここをつまんで上に引き上げると、液晶パネルが持ち上がります。

液晶パネルを完全に外すには、4本のケーブルのコネクタをロジックボードから外す必要があります。※4だけはコネクタではなく、ネジで固定されています。

ですので、1~3のコネクタを手で外してから、4のネジをドライバーで外すと良いです。

外したアクリルパネルと液晶パネルは、できるだけホコリが付かないように立てておきましょう。

内部の全体写真です。

iMacなどと比べると、非常にシンプルですね。

今回交換するケーブルがどれなのか、わかりやすいように透視してみます(笑)

まず、ロジックボードを外します。

ひっくり返すと、こんな風になっています。

今回のターゲットは、ここです。

外れました。※ネジだけなくさないように注意です。

次に電源ボード側ですが、電源ボードは外す必要はありません。

このコネクタを手で抜くだけでOKです。

最後に中央の円盤のネジを外します。

新しいケーブルと交換して、逆の手順で組み立てれば完成です。

作業ついでに、中のホコリも掃除機で吸ってあげると良いです。

ちなみに電源ボードは外す必要はないですが、せっかくなので外してみました。

健康そのものですね!

もし、ここでコンデンサが破裂でもしていたら、電源ボードを入手しなければ修理できないので、諦めることになってしまいました。

今回は大丈夫でしたので、ホッとしました。

取り外した古いケーブル。10年間お疲れさまでした。

修理後の動作確認

それでは、Mac mini に接続して電源を入れてみましょう。

復活!!!

よかった・・・本当によかった・・・

無事直ったディスプレイで、このブログを書いています。

ひとりでも多くの方の Thunderbolt Display が、これで直ることを願っています!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました